タイのBTS(都市鉄道網・モノレール)グリーラインが完成した。開通2日目に終着駅クーコット迄試乗してみた。

トラフィックコンディション(交通事情)

遅くなりましたが、
昨年12月に完成した、都市交通・モノレール・BTSの乗車報告を致します。
(未だ試行期間中なので、正式路線図にはありません)

とにかく、嬉しい。
何故ならば、友人達が住む、また、日本からの訪問者が泊まるホテルが
多いバンコク・スクムビットへ、我が家近くのパトムタニー・ラムルッカから
直通でいけるからです。
(大船から電車で東京・品川へのイメージです?)

(以前私の住んでいる場所は、バンコク北部なので、日本で言うと大宮のような位置関係ですと報告しておりますが、
方角を無視して、鉄道のつながるイメージと距離感で表すと、大船イメージですね)

(バンコク路線図)延伸区間は未だ、試行期間中なのでありません。

今回は、偶然、開通日の2日後に乗車体験をしました。

12月17日にルンピニ公園横の日本大使館領事部に用事があり行きました。

行きは、いつものように。
タクシーでチャトチャック・BTSモチット迄、行き、
そこから、地下鉄で、ルンピニ駅迄行き、歩いて5分で到着です。

問題は、タクシーの時間が車の渋滞で読めないこと。
約30kmの距離ですが、早ければ、40分、渋滞に巻き込まれると2時間です。
タクシー代金も240バーツから330バーツ迄変動します。

今回行きは、それほどの渋滞もなく、240バーツでした。
そこから、地下鉄で25分程度で到着。
無事用事を済ませて、帰宅というところですが、

コロナ対策で、領事館にはとどまることができません。
午前中に申請書を提出すると、午後の受け取り時間を指定されます。
私の場合は、スクムビットのアソークで時間を潰し、2時頃に無事書類を
受け取る事ができました。

実は、アソークで休憩中に、
BTSの延長区間の開通を知り、帰りはこれを利用しようと決めていました。
(延伸区間)上記の(バンコク路線図)の上端から北への延伸区間です

ワットプラシーマハタート駅(Wat Phra Sri Mahathat, N17)
↓↑
パホンヨーティン59駅 (Phahon Yothin 59, N18)
↓↑
サーイユット駅 (Sai Yud, N19)
↓↑
サパーンマイ駅 (Saphan Mai, N20)
↓↑
プーミポンアドゥンヤデート病院駅 (Bhumibol Adulyadej Hospital, N21)
↓↑
タイ王国空軍博物館駅 (Royal Thai Air Force Museum, N22)
↓↑
コーポーオー交差点駅 (Yaek Kor Por Aor, N23)
↓↑
クーコット駅 (Khu Khot, N24)

そこで、早速、アソークからBTSに乗りました。
いつものコースで、チャトチャック・モーチットを過ぎ、更に、
前回報告した中間延長駅ワット プラスリマハタート駅を過ぎて、無事終点のクーコット駅・ラムルッカに到着しました。

時間は約40分、運賃は、新規開通区間が無料のため44バーツ(約150円)でした。
RabitLine payの支払い記録です。

クーコット駅の風景はこんな具合でした。

(改札口)

(駅ホーム)

(外部風景)


(ラムルッカ道路)

クーコットから我が家迄は約7km〜10km程度、タクシーで約10分で到着しました。
料金は100バーツ(約350円)でした。
時間も、お金も節約できました。

次は高架鉄道のランシット迄の延伸待ちです。(2021年度完成予定)
この鉄道は、ドンムアン空港とスワンナプーム空港を高速で結ぶので、
楽しみです。更に、便利になります。

今日のジュディは、車の中で背伸びしています。

ムチュー

28,017 views

日本で定年退職後、タイにロングステイ、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!