タイで車の運転をする。3つのルールを知れば、意外と安全。

トラフィックコンディション(交通事情)

日本で国際免許証を取り、来タイ。3ヶ月後にロングステイビザを取得。
その後、タイの免許センターでタイの免許証を取得。マイカー族になった。
免許証の取得は国際免許証があれば、至って簡単。赤、緑、黄色をタイ語で言えればよいだけ。
揃える書類も、在留証明とクリニックの診断書のみ。
日本での免許取得を十分に尊重してくれる。ありがたいことです。
来年、6年目の免許証の更新があるので、その時改めて、詳細を報告予定です。

運転開始3ヶ月後に、車との接触事故で加害者になる。
保険会社に連絡して無事対応。英語が必要?実は、被害者の方にタイ語で連絡を入れてもらい
対応しました。人身事故でないので、警察は来ず短時間で完了。保険料は日本並みで、
タイ人にとっては高いと思いますが保険は必須ですね。

その後、改めて、日本と違うルール(暗黙のルール含む)を確認して、それを守る、
もしくは注意することで、その後約6年間は無事故で過ごしている。

そのルールとは、
1、右折時は、交差点がないので、指定場所でUターンして、左折する。
2、オートバイが逆走するのが日常茶飯事にある為、左折時はこれに気をつける。
3、右折、左折、車線変更時にウインカーを出さない車が結構多いので、直進時、前後の車の
動きをよく見ること。
(あと一つ加える)と高速運転の車に常時気をつけることですね。

中央分離帯横のUターン車線 Uターン開始


Uターン 直進車線変更して外側へ移動


左側道路へ左折する オートバイの逆走

また一方タイのルールで合理的だと感じるのが、
1、反対車線(運転方向と逆サイド)への駐車が可能(ルール上可能なのかはわかりません)
2、片側2列駐車(駐車場のスペース活用)。外側の車は、レバーをNにして、ドアを閉めて出て行くので、
内側の車が出るときは、複数の車を押して動かして、スペースを空けて出る。

最後に、私の経験から、タイのロジステイクスについての所感です。
全体的には、規制が少ないことで、ある意味では効率が良い。
1. 重量制限、大きさ制限などの許容範囲が広い。
2.二重駐車、逆車線駐車可能。(法的にOKであるかはわかりません)駐車禁止場所は少ないようです。
3.道路は交差点がほとんど無く(従って信号がない)、Uターンで、方向転換するの
で、渋滞がなければ、止まることはない。
4.ロジステイクスの費用は無料サービスは少ない。かかった費用を請求するのは合理的だと思う。
5.幹線系は、高速道路が整備されていて、片道6車線の道路もある。スピード許容範囲が大きい。
6.コンテナを2台連結したトラック が普通に走っている。従って、大量輸送ができて効率的。
4.配送系は狭い道路事情から、小型ピックアップトラックが主流で効率が悪いと思われるが、一方、
載せ替え不要で効率がよい。

タイでは、本当にハイスピードの車が多い。何故、そんなに急ぐのか。本当かどうかわかりませんが、
タイ人は、仏教思想で日頃よいの行いをしていると死んだら次の生まれ変わりの人生がよいと信じている。
従って死を怖れないと。私はこれは違うと思います。本当のところはわかりません。

最後に、今日の愛犬チウは、狭い所に入り込み寝ています。これは、いつものことですね。
どうも安心して眠れる場所のようです。

ムチュー

18,708 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!