タイの果物(ドリアン、マンゴースチン)の種を植えてみた。鉢植え。興味は木の形状と葉。観賞用。(第一報)

野菜果物栽培に挑戦

タイで美味しく食している食べ物の木に興味を持って、
種を植えて、芽が生え、木と葉が育つ姿を、観察してみました。
マンゴーは適度な木の大きさです。

が、他の果物の木は、とんでもなく大きくなる。
従って、家庭で植えて、食するには無理がある。
(チャトチャック・サンデイーマーケットでも幼木を売ってない?)

私は、これらを観賞用として、鉢植えで育ててみようと思う。
果物には期待しておりません。
果物は、マーケットで買う方がディークワー(より良い)

まあ、興味本位と趣味の世界ですね。

マンゴーは、家の庭にあるので、既に紹介済みですので、省略します。

今日紹介するのは、まず、
(1)トゥリアン(ドリアン)です。

植えて芽が出てすぐの、姿は、根っこが反対に伸びてきたようです。

そして、芽が出て、1ヶ月後は、この姿です。随分変わりましたね。

そして、3ヶ月の時点で、結構、観葉植物として、見栄えのする姿になりました。

(2)次は、リンチー(ライチ)

種はこんな形ですね。

芽が出て、直ぐの姿。

1ヶ月後は、こんな具合ですね。色が薄い。

そして、3ヶ月後、あまり変わりませんね。
でも、色が濃くなり、新芽との色の違いがわかりますね。
それから、一列増えた。
でも、木としてはシンプルで、盆栽には適さないかな?

(3)次は、マンクット(マンゴースチン)

種はこんな形です。

そして、芽が出ました。
赤い小さな、可愛い芽。

そして、約1ヶ月、でもこの程度ですね。

そして、3ヶ月後、
これも、大きさといい、形といいあまり変わりませんね。
でも、これも、観賞用で使えそうですね。
ドリアンには敵いませんが・・・。
やはり、ドリアンは果物の女王ですね。
木も美しい?

(4)次はンゴ(ランブータン)
こちらは、同じ頃植えたのですが、まだ、生えてきませんね。
再トライですね。
次回の報告では芽が出たところを紹介できるといいですね。

ムチュー

18,706 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!