タイの新交通網でバンコク近郊はどう変わるのか?(続編)、都市鉄道の終着駅ランシット駅に行ってきた。

トラフィックコンディション(交通事情)

前回の記事の補足です。

現地を見て、ビックリしました。
旧鉄道駅があったはずなのに、新駅が大きすぎて、余りの差にビックリ。

実は、旧鉄道は、どちらかというと、長距離輸送用?
近距離は、バス、ミニバス(ロットゥー)の方が圧倒的に便利なので、
利用者が少ない。

従って、本数も少ない。
結果、不便。

こんな感じで、
私に知る限りでは、戦後すぐの、日本のローカル線のイメージです。
田舎に行くと、ディーゼル列車ですね。

タイでは、
当たり前のように、線路を自由に横切り、
線路側には、露店が並んでいる。

ランシットの旧駅は、正にこの通りでした。
でも、さらに錆びれて、露店もなく、
スラブに似たトタン屋根の家が少しだけ連なっていました。

そこからすぐ先に、高架鉄道駅が見えて来ました。
これが、新線、都市交通鉄道駅です。
高架で、かつ、立派な駅です。

東京の駅と同じく、また、バンコク中心部のBTS(モノレール)
の駅と変わらない、立派な駅です。
勿論、エスカレーター(タイ語で、バンダイルアン)も、

左右に設置され、二階階構造になっています。
商店エリアもありそうです。
楽しみです。

ここで、視点を変えて、駅前の商店街を見てみましょや。
なんと、錆びれた、中国様式の4階建の連続建屋の商店、事業場が並んでいました。
シャッターの締められた店も多数あります。

ここから、バンコク中心部まで、30km程度です。
私の予想では、都市交通鉄道(5分毎に列車が走る)が開通すれば、
沢山の人達が利用すると思います。

10年後には、高層コンドミニアム、モールなどが連なる、
町ができていると思います。

ここから、
大モール「フユチャーパーク」迄は、約1km、
駅とモールを結ぶ、モノレールなどもできているかもしれません。

ランシットは、ナワナコン工業団地(日本企業)とバンコク近郊の居住地、
さらに、タマサート大学をはじめとする大学地帯でもあるので、
間違いなく、10年後は副都心になっていると思います。

ちなみに、ドンムアン空港までは、6km程度です。
また、アユタヤ、チャンマイ、ノンカーイ、ナコンラチャシーマー
などの、北部、東北部へは、必ず通過する。

日本で言えば、
上野、大宮のような地の利ですね。

10年後が本当にたのしみです。

前段が長すぎましたが、
今日の散策の経路と写真をご紹介します。

まづ、数キロ離れた、モール「フユチャーパーク」迄行き、
地下の駐車場に駐車、
ここは、。4時間迄は無料なので、よく使います。

雨の日の散歩コースでもあります。

ここから、道路の上を跨ぐ、歩道を歩き、
左側の歩道まで行き、
そこから、西方面に約1km歩きました。


在来線の線路に突き当たり、右折、
すぐに、旧駅です。
高架鉄道の間に、線路とトタン屋根の家が見えます。

勿論、併行して、都市交通の高架鉄道駅が建設中です。
駅前も広い。工事中の広場です。

新駅前の町の様子、
本当に寂れている。
駅工事中のため、臨時の衝立で仕切られています。

今日のジュディは、
遊び疲れて、休憩です。






ムチュー

18,996 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!