RT-PCR検査にサミティーベート病院に行ってきた。結果陰性、良かった。そして・・・。

コロナパンデミック

今日は、先日新型コロナの検査に行ってきた報告です。

私は、ワクチン接種を日本に戻り、日本の空港で接種する事を選択しました。
この2年間帰国をしていないので、帰国する事にしました。

日本に帰国の条件は、
(1)搭乗前72時間前にコロナ検査、検査証明書の提示(チェックイン時)・提出(日本)
(2)誓約書の提出(日本)
(3)質問状への回答→質問アプリ上に回答2次元バーコードの設定、日本での提示(日本)
(4)3アプリのダウンロードと日本での設定・開始
  ①日本での14日間の待機期間中の「待機場所登録、現在地報告、健康状態報告をする、MySOSアプリ」
  ②14日間登録場所にいることをチェックする「位置情報追跡アプリ」
  ③感染者と接触すると通知が来る、感染者との接触を避けるための「接触確認アプリ」
結構大変です。
  
先ず、(1)のコロナ検査 in タイの報告です。

出発予定日の2日前に検査、検査結果が陰性であれば、翌日(1日前)に検査証明書を頂けます。

私は、友人から勧められて、タイの日本人がよく使っていて、日本政府の要求する内容を正確に反映できる検査、証明書発行が可能なサミティーベート病院に行きました。

一階のオープンスペースでの受付、事前検査(体温、血圧、酸素濃度など)を行い、
待ち時間15分ほどで、鼻と口から粘液を取り、完了。
もし、感染しているのであれば、当日電話で連絡がある。

私は、幸いにも陰性で、無事、翌日検査報告書を取得できました。
検査費用は4000バーツ、約14000円でした。

これで、日本帰国の準備ができて、さあ、出発です。
(10月14日の便で帰国しました)

タイの新規コロナ感染者は未だ1万人以上であり、タイ国の厳しい入国規制は、
当分続くものと思われるので、今回の帰国・日本滞在は長くなりそうです。

日本滞在中は、このブログを停止させて頂きます。
よろしくお願いします。

ムチュー

31,498 views

日本で定年退職後、タイにロングステイ、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!