タイでコロナパンデミックの中、ビザ更新に行ってきた。

イミグレーション

1年に1回のビザ更新。
コロナパンデミックの中、イミグレーションに行ってきました。
自分自身での手続きを始めてから、3回目になります。

今回の初めての体験について報告します。
(1)自己ドライブで行ったこと。
(2)イミグレーション内の滞在時間を少なくするために、早朝に行ってみた事。
(3)新たなコロナ対策の追加。

手続き時に必要な書類などは、昨年の記事を参考にして下さい。

まず、
(1)自己ドライブ
先日の臨時イミグレーションまでの自己ドライブに続き、今回も自己ドライブで行ってきました。
初めてのドライブでしたが、Googleマップの助けで、間違う事なく到着できました。
場所は臨時イミグレーションに近く、
メインのパッポンヨーティンーランシット道路から、チェンワタナー道路への
ドライブですから、シンプルでしたね。

(臨時イミグレ迄の記事参照)

ここは、政府の建物が集まる場所なので、道路も整備されて、駐車場にも迷う事なく行けました。

(2)今回の大まかな時間割は、
6:30 ドライブスタート
7:10 イミグレーション到着
7:20 室外で入場整理番号37番)をもらう
8:15 室内受付でビザ受付番号(L12)をもらう
9:10 書類提出
9:50 ビザ更新完了、パスポート受領
9:55 新規ビザのコピーを取得後、リエントリーパーミット申請
10:30 リエントリーパーミット取得、パスポート受領。完了。
10:40 帰宅ドライブ出発
こんな具合です。

前回との違いは、コロナ対策で
①早朝(オープン時間の1時間以上前)から、整理券が発行されていた事。
②コピー場所が建物外に臨時設置されていた事。(地下のコピー場所は閉鎖)
③ビザ更新場所への出入りが厳しくチェックされていた為、内部の待ち人数が少なかった。
(整理番号で内部への侵入を一定人数に制限していた)

(3)新たなコロナ対策の追加
①密な空間に行く為、マスクの側面をテープ止めして、横からの侵入を防ぐようにした。
②長時間になる事を覚悟して、小さな飲料水を持参、このペットボトルに小さなストローをテープ止めして、マスクを外さないで、水を飲めるようにした。
③長時間になる事を覚悟して、「おにぎり」を作り、車に保管、ビザ更新完了後、帰宅前に車の中で食べられるようにした。(サランラップで包装して、直接手で触らないようにした)
「コロナ感染防止七つ道具+二重マスク」+今回の対策ですね。

今日のジュディは、
ソファーの上でふざけています。
ナーラック(可愛い)ティースット(最高)

ムチュー

30,022 views

日本で定年退職後、タイにロングステイ、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!