• HOME
  • ブログ
  • 全体
  • タイの90days notify(90日毎の居住申告)にイミグレーションに行ってきた。楽しかった。

タイの90days notify(90日毎の居住申告)にイミグレーションに行ってきた。楽しかった。

全体

先日、「90days notify」(滞在90日毎に、在留の住所を申告する必要がある)
の申告に、イミグレーションに行ってきました。

申告は郵送、ネットでもできますが、私は、いつも、直接イミグレーションに行くことにしています。
その理由は後で紹介します。

場所は、チャーンワタナーの政府行政地区(政府のお役人が働いている所)の一画にある。
市内中心部から、ドンムアン空港方向に15km程度北側にあり、電車、モノレールなどの交通機関はなく、バス、ミニバス(ロットゥー)、若しくはタクシーでいく必要がある。
現在、電車、モノレールを建設中で、2020年には完成する予定なので、その後は、
随分便利になると思います。

私は、いつもタクシーを利用しています。交通渋滞にもよりますが、30分程度で、
費用は約160バーツ(560円)程度で行けます。
タイは、タクシーが安いので、私は、よく利用しています。

「90days notify」の手続きなどは、既に沢山の人がネットで、若しくは、日本領事館のHPなどでも詳しく紹介されているので、省略して、
私なりの活用方法と気がついた事などを紹介したいと思います。

1番目は気ずき事項。
イミグレーションは、「女性の活躍」が凄いと思います。
事務所の中のスタッフは殆どが女性、部長も女性。
他でもよく見かけますが、タイは、女性の活躍の場が多そうです。
今回は確認しておりませんが、時々、子供を職場に連れてきて、
近くで遊ばせている姿を見かけます。OK(マイペンライ)ですね。
職場の人達で、お互いに子供の世話をします。
後で述べる地下にも本当に女性が多い。

2番目は、イミグレーションに行く楽しみです。
イミグレーションのある建物の1階に広場があり、OTOP(地方の物産展)
が開催されている事が多く、食べ物も豊富で、本当に楽しめる。
ただ今回は、催し物が行われておらずに、広々と閑散としていました。
残念でした。(トップにある画像参照下さい)

3番目は、用事を済ませることができる。食事休憩ができること。
地下1階には、マーケット、食堂、レストラン、お店、銀行、喫茶などが
沢山あり、用事も済ませることができたり、ゆっくり過ごすことができる。
私は、お昼を「香港ヌードル」で済ませて、待ち時間は、喫茶で、コーヒーを
飲みながら、iPadを楽しみました。
タイの主要な銀行が揃っているので、預金、送金、払込もできます。
主要な携帯電話会社の出先もあり、料金のトップアップもできます。
コンビニ、スーパーで買い物もできます。
まさしく、ショッピングストアーを含む街並みのようですね。

そうなんです。要は、イオンやヨーカドーのショッピングセンターに行く感覚なんですね。

今回は意外と早く終わったので、ショッピングストアーで買い物をして、15時頃帰りました。

一言忘れていました。
私は、週4〜5日、ウオーキングをします。
ここも、最適なウオーキング場ですね。

早速、二周ウオーキングしました。
空調が効いて、サバイサバイ(気持ちが良い)

今日のブッダですが、
タイでは、以前報告したように、女性の修行者「ナン」が沢山います。
また、女性のみの尼寺もあります。でも、多くの寺のお坊さんは、「男」ですね。

ブッダの時代には、お寺は無く、お坊さんもいませんでした。
男も女も、全てを捨てて、修行に入る事が、「出家」とされていました。
本質、真理を理解する事が大切ですね。

さて、今日のチウは、檻の中。
この方が安心するのかな?

ムチュー

18,706 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!