コロナウイルス、タイでの私の対策。タクシー、電車内、スーパー、人混み。

体のケアー

最良の対策は、不要な外出を避ける事、
次に、外国人(タイ人以外)の多い地域に行かない事、
そして、常にマスクを着用する事ですか。

私の場合は、日常生活では、
外国人(タイ人以外)と接する機会は少ない。
モール、セブンイレブン、スーパーマーケットなどに行く時には、

(1)マスク着用
(2)時々、トイレで手洗い。
(3)咳をする人が居たら、即そこから退散する。
(4)人混みは避ける。
(5)用事を済ませたら、即帰宅。
(6)レストランでの食事の前には、アルコールティシュで口、鼻、手を拭く。
(7)レストランでの食事の時は、自分の前のテーブルをウエットティシュで拭く。
(8)目薬は、ウエットティシュで手を拭いてからさす。
(9)ドアを開ける時は、素手で触らずに、ペーパーを介して開ける。
  その後、紙を捨てる。

結構気を使っています。
年齢もそこそこですから、最もコロナウイルスに感染し易い。
気を付けねば。

こんな生活の中で、どうしても、
外国人の多い、バンコク市内に行く必要がある。
(1)日本からの友人との会合(異国に住むとこれ程嬉しい事は他にない)
(2)タイのイミグレーション(90日に1回、住所の申告が必要「90days notify」)

2月は、日本からの友人が3組来られる予定。
 私の予定があり、1組は日程が合わずに、お断りさせて頂いたが、残り2回。

さて、私のところからバンコク中心部に行くのには、
まず、タクシーで30分以上走り、タイ都市交通BTS(モノレール)のモーチット駅に行き、
そこから、BTSでシーロム、サイアムスクエア、スクムビットなどの中心街に
行く必要がある。

タイはご存知の通り、観光客が多く、かつ、中国からの旅行者が全体の約半数を占める。
従って、コロナウイルスに対する警戒は必須。

特に、外国人の市内交通はタクシーとBTSと地下鉄。
これらを利用する時は、特に対策が必要ですね。

まず、家を出る前に、アルコールティシュとウェットティシュを鞄に入れて、
それから、マスクをして出かけます。

2月1日の日は、タクシーの車内ではマスクをして、
乗るときにドアノブを触ってドアを開けたので、
タクシー車内で、アルコールティシュで手を拭き洗浄しました。

タクシー車内では、何も触らずに、じっと座って、スマホを
見て過ごした。

BTSのモーチット駅前で降車、
その後直ぐに、アルコールティシュで手を拭く。

エスカレーターで駅改札に行く。
勿論、エスカレーターのサイドのベルトは、紙を介して持ちます。
((私はキーニアオ(ケチ)なので、手を拭いたアルコールティシュを残しておき、
ベルトを掴むのに再利用しました))
突然の停止時などの安全対策は必須ですからね。

BTSの車内では、
勿論マスクはしていますが、さらに、他の人との距離を取る様に、
座席に座らずに、車両の連結部分に立ちました。

車内の人は、私と同じく、ほぼ全員がマスクをしていました。

目的地の駅、ナショナルスタジアム駅(表紙の写真)
に着いた後、待ち合わせの時間まで、1時間程あったので、
近くのスーパーLotusで時間を潰しました。

私はスーパー内でも、当然継続してマスクをしていましたが、
タイの人達は、ここでは、30%程度の人達がマスク着用でしたね。
外国人が少ない事と、広い空間のある建物内で感染の恐れが、
少ないという事ですかね?

今日のチウは、
私(メス犬)には関係ないわと、気持ちよさそうに寝ています。

いぬのきもち&ねこのきもち

ムチュー

18,996 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!