タイでドメスティックエンジニアになる。

ドメスティックエンジニア(DIY)

今日は「ドメスティックエンジニア」になった話をします。
ドメスティックエンジニアは某アメリカでも使われる言葉です。
とは言っても、私もこの6月までは知りませんでした。

6月の帰国時にハワイに住んでいる友人に会いました。
私が、家の配管工事、電気工事、防犯カメラの設置などを自分でしていると
友人に話したら、彼もドメスティックエンジニアだと言いました。
それで、えっと、聞き返したら、家の周りの工事を自分でやる事がアメリカでは普通。
それを、ドメスティックエンジニアと呼んでいるそうです。

私の実績をお見せしましょう。
まず、タイは上水の圧力が弱いため、2階に水を送る事が出来ません。
その為、タンクとポンプを設置します。勿論、ポンプを守る為に、
タンク内への水の上下制限のセンサーも必要です。電気工事ですね。
これらを自分でやってみました。

それから、時々断水があり、それが2日間も続くこともあります。
少し水が来ても圧力が弱いため、タンク内に入らない事も。
この対策として、タンクを増設、2個にして結合、断水対策をしました。

勿論、日本では経験がありません。工事店に教えて頂き実施。以下。
見栄えについては、少々ご勘弁ください。

タンク2連結、1タンク水が無くなった時の対策(タイでは、時々断水になる)

2階のベランダの掃除に水が必要なので、分配配管を設置。

次は、家の周りの夜間照明の設置。光センサーを使い、夜間自動点灯、昼間自動消灯。電源をつなぐ場所のないところは、電灯線を2分化して、使うことにしました。
勿論、途中にスイッチ付きの分岐を設けました。

最後は、防犯カメラの設置。日本で買ったカメラ(500GB記憶容量付き)を特に、
玄関先、2階、それから、駐車場に設置しました。

タイでも、犯罪は絶えません。
でも、不思議なくらいに、罪を容易に認める姿が、TV見られます。
タイでは、放映時、犯罪者の顔を帽子、マスクで隠すのが一般的です。
これは、私の想像ですが、ブッダは、無知なるが故の犯罪を嘆きます。
これを、三毒(煩悩の根源)の中で最も根源的な、無明(無知)なるが故の犯罪。
貧しさが無明を生み、犯罪の根源であると。
従って、その後の人生を自ら改めた時の配慮として、こうした顔を隠す事が
一般的であるのではないかと私は思っているが真実は不明。

最後にまた、最愛の老犬チウの今日の姿が、猫のように顔を洗うチウを紹介します。
チウは、肝臓の脂肪肝と胆嚢に少し障害があり、ドックフードも特別です。
今はお陰で、元気に飛び回っています。

ムチュー

18,376 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!