タイ語に挑戦(5) 文字に挑戦。看板の文字が読みたい、その3

タイ語

タイ語の理解、結構難しい。
でも、少しずつ進歩しています。

もう少しで、読みは終了です。
あと、18%を補う補足です。例外が2%程残りますが、これはもう
無視しましょう。

以下の4項目になります。

1、末子音(最後の文字の独特な読み方)
2、外来語の読み方
3、二重子音(二文字を一つの文字のように読む)
4、語順について(追加)
補足、地名について、解説

今日は、少し複雑ですが、とにかく暗記する必要がある
1、末子音について説明します。

末子音とは、言葉の最後の文字ですね。
例えば、飲食店、食堂は、
ร้านอาหาร
ラーンアーハンです。ラーンは店、アーハンは食事ですね。
最後の文字 ร はコーカイの ロールアで、「ラ行」の読みが基本ですが、
言葉の最後に付くと、「ン」と読みます。
「ラーンアーハル」ではなく、「ラーンアーハン」が正解です。
下の(4)に出てきます。

それでは、具体的に覚えていきましょう。

1、末子音(最後の文字の独特な読み方)について
コーカイ42文字の読み方が、文字列の最後に付くと、8種類の子音に集約され
る。

(1)t(ト)と発音されるものは、 จ、ฉ、ช、ฌ、ซ、ศ、ษ、ส、ฎ、ด、ฏ、ฑ、ฒ、ต、ถ、ท

こんなにたくさんあるの。覚えられませんね。

そう、高頻度末子音8文字をまず、覚えればよいです。
ด、ต、ถ、ท、ซ、ส、จ、ช

後は、その他の文字に出会った時に、その都度、覚えればいいですね。
この時のヒントは、日本語読みで、タ行、サ行、ダ行、タ行の文字が、トと発音される
と思えばよいです。

英語的に表現すると、c、ch、s、d、t行が、t(ト)と発音されると覚えればいいですね。
どうですか、少しややこしいですが。

(2)K(ク)と発音されるものは、ก、ข、คです。

これは全て覚えて下さい。

(3)ง(ング)と発音されるものは、ง のみです。

これは覚えやすいですね。

(4)n(ン)と発音されるものは、 ญ、ณ、น、ล、ฬ、รの6文字です。

この中で、よく使われるのが、น、ล、ร の3文字です。

日本語読みで、ナ行、ラ行、ヤ行の文字が、ンと発音されると覚えて下さい。

英語的に表現すると、n、l、r、y 行が、n(ン)と発音されると覚えて下さい。

(5)p(プ)と発音されるものも、บ、ป、ผ、พ、ฟ、ฝ の6文字です。

この中で、よく使われるのが、บ、ป、พ、ฟ の4文字です。

日本語読みで、バ行、パ行、ファ行の文字が、プと発音されると覚えて下さい。

英語的に表現すると、b、p、ph、f 行が、p(プ)と発音されると覚えて下さい。

(6)m(ム)と発音されるものは、มのみ。

これは、日本語読みでマ行、英語的にはm行ですね。

(7)i(イ)と発音されるものは、ยのみ。

これは、日本語読みでヤ行、英語的にはy行ですね。

(8)u(ウ)と発音されるものは、ว のみ。

これは、日本語読みでワ行、英語的にはw行ですね。

(9)最後にこの3文字は、無音になります。อ、ห、ษです。

つまり、読みません。

疲れました。
今日のブッダは、言います。
「学ぶことは楽しい」「学ぶことは、人生をずっと楽しいものにしてくれる」と。
バックに、「清貧」の生き方の教えがあります。
ブッダも、空海もとても裕福な家に生まれながら、貧しい生活の中で、修行を始め、
新しい教えを学んだ事で充実した人生を過ごすことができた。

楽しく学ぶ為にはどのようにしたらいいのかな?
学ぶ事に疲れたら、又、学びたいと思うまで休んだらいい。
「3日坊主の繰り返しでいいんだよ」と。

今日のチウは歩き回っています。
チウ曰く、
「ずっと、休んでいたい、でも、足が勝手に動いてしまう」

ムチュー

18,708 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!