タイでの誕生日。こんな感じ。嬉しい。

セレモニー(行事)

1月は私の誕生日なんです。

タイで過ごした誕生日1日を紹介します。

朝は普通に過ごし、お昼に、ステーキハウス「Sizzler」で食事をしました。
豚のリブステーキを頂きました。
サラダ、スープがビュッフェスタイルで、お得です。

その後、アイスクリーム喫茶でマンゴーアイスクリームを頂きました。
私は、大好きなマンゴーカーオニアオを食べました。
アロイ アロイ。美味しい美味しい。

会員だと、店の人が写真を撮ってプレゼントしてくれます。

帰宅して、夕食時、ケーキとお花のプレゼント。
ケーキにロウソクを点火して、ハッピーバースデーの歌を歌う。
これは、日本も同じですね。

女の人には、
こんなケーキもあります。

お花のプレゼントには、感動しました。

これが、タイの標準的なバースデー。
ケーキ もユニークですね。

誕生を祝う事に対して、ブッダはどのように祝うのか?
ブッダは四苦八苦の中で、生まれてくることそのものが「苦しみ」だと言っている。
これは、苦しみを知りながらよく生まれてきてくれた。
少しでも、苦しみを分かち合い、苦しみを少なくすることができる。
だから、子供の誕生は喜びであると言っている。

私風に解釈すると、事実を喜び、真実を喜ぶ。

さて、今日のチウはケーキをもらい嬉しそうに食べました。
誰かを待っている。
誰かの誕生を待っている?

ムチュー

18,997 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!