タイの交通事情(追加)。タイでは、「自動車優先」(世界標準?)。

トラフィックコンディション(交通事情)

前回の報告で、述べ忘れた事があるので、今回は補足です。

タイは日本と同じ左側通行。従って違いがよくわかります。
まず、タイでは過半の国がそうであるように、自動車優先です。
歩行者優先ではありません。

歩行者優先の方が本当に安全か?
自動車優先であっても、目の前に歩行者が居れば、轢いていいということではありません。
歩行者により注意を喚起するという方が正しい言い方だと思います。

日本では、歩行者優先の言葉を悪用して、歩行者が横断歩道などを、
無理に渡る様子が頻繁に見受けられます。
結果的にこれが事故につながる事が多いと思います。

従って、自動車優先であれば、横断歩道を渡る時も、自動車の様子をよく見て、自動車にも配慮して、安全な状況を確認して渡ります。
自動車側も、人を撥ねたくない。従って、注意して走行しますね。
これは、日本でもタイでも同じことですね。

ただ、タイでは、世界の過半の国では、左側通行であれば、交差点の左折は、信号が赤であっても可能です。(右側通行の国では、交差点の右折が常時可能です)

従って、こんな状況の時は、横断歩道の横断が危険ですね。
例え、歩行者優先であっても、常時走って来る車があるとすると、怖くて無茶な横断はできないですね。

話は逸れますが、タイのメイン道路は、交差点が少ないので、陸橋を横断する事になります。

犬も賢くこれを覚えて、階段を登り、陸橋を渡る姿がよくみられます。
ちなみにタイでは、犬も放し飼い、野犬も多いですね。

ただ、私の経験から、タイの犬は、止まっている人に噛みつく事は無さそうです。
散歩の途中で、もう、100回以上経験しましたが、今のところ、この方法はベストと
思っています。
従って、犬が近ずいてきたら、立ち止まって、犬が立ち去るのを待つのが一番安全です。

次に、自動車保険の話です。
民間保険は値段は高い、日本並みの値段です。
責任範囲はほぼ同じ、対応は、応用が効いて良い。

一方、日本の自賠責と同じ?国の保険がある。これは、自動車登録に必須だが、矢張り保証内容が小さい。

もう一つの大きな問題は、民間保険料が高いために、任意保険に入っていない人が多いと聞いている。

実際、数年前に私が起こした事故の時、私が加害者で、任意保険に入っていたので、問題無かった(怪我が無くて幸いであったが、勿論対人保険も加入済み)が、
被害者の方の車は、任意保険に加入していなかった。もし、彼が加害者で、私が被害者であったら、これは、大変でしたね。

さて、ブッダの話。
野犬にも、餌を与えるのが、お布施の考えからも、当然です。
生き物は全て、来世の自分かも?
タイの仏教の基本ですね。

良いことをすれば、来世よくなり、悪いことをすれば、来世、動物虫に生まれ変わる。
勿論、祇園に上り、仏の世界に入ることができれば最高ですね。
兎に角、この世で、慈悲の行いをする事が基本ですね。
頑張ろう。

今日はチウを連れて、MACへ行きました。外のテーブルで休憩しました。
ケージの中のチウです。
ナーラックチャンルーイ(とても可愛い)

ムチュー

18,430 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!