タイで見つけた散歩の効用。アイデアは無限。

ウオーキング

コロナウイルス対策で、リスクを最小限にする為に、「散歩」も制限。
いつも行く、運河沿いの散歩道は、多くの人が通り、すれ違うので、
感染の危険が高い。

そこで、この一年は、家の庭、家の周り、家の近くの公園と近距離を
何十周と回る事で、「散歩」による健康作りを継続している。
(ビレッジ内の家の近くの公園)

しかし、少し退屈で、サボる事が多くなった。
勿論、「室内散歩」は継続中。

でも、心のモヤモヤは無くならない。
そこで、考えたのが、「歩きながらの思考」

現在の抱えている課題を思い浮かべながら歩く、
特に、やるべき事、調べ事、やりたい事などをランダムに考えながら歩く。
昨日の失敗、宿題、疲れる仕事などなど、次々に思い浮かべる。

そして、最後に、家に戻って実行する、もしくは、したい
3つの課題を設定する。
これが、設定できるまで、思考の繰り返しをしながら散歩する。

できたら、即、散歩を終了して、帰宅。

こんな感じで、「散歩」をすると、結構充実できる。
特に、歩きながらの思考は、本当に柔軟で、広がる。
次々とアイデアが浮かぶ。

勿論、メモは取らないので、
最後の3つの課題以外は忘れてしまう事が多い。
敢えて3つの課題に限定しているのは、この意味もある。

もし、メモなど取ることにすると、恐らく、思考の広がりが狭まり、
面白くない。
どんどん思考を広げて、どんどん忘れる事が大切。
楽しく散歩するコツだと思う。

時々、帰宅して一休みすると、
3つの課題さえ忘れてしまう事がある。

実は、これ以外にも、人から教わった散歩を楽しむ方法がある。
(1)五感を働かせて、歩いてみる。目で眺めながら歩く、口で歌を歌いながら歩く、鼻で匂いを感じながら歩く、耳で音を聞くことに集中して歩くなど。
(2)歩行を変えて歩く。時々後ろ歩き、横歩き、歩幅を変えて歩く、歩くスピードを変えて歩くなど。
(3)手を動かしながら歩く。腕をあげたり、ストレッチしたり、腕を振ったりして歩くなど。

いずれにしても、散歩は、身体の健康だけでなく、心の健康を保つのに本当に良いものですね。

さて、今日のジュディは、
床上エクソサイズです。

ムチュー

28,017 views

日本で定年退職後、タイにロングステイ、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!