タイで鼠径ヘルニアの手術(1)経過報告。

体のケアー

今日は、先週の金曜日にタイの病院で行った、
自分の「鼠径ヘルニア」手術の経過・経験報告をいたします。

この病院は、一昨年、目の手術を行った病院です。

最大目的のタイの医療評価については、完治後まとめてみたいと思います。

1、今回の病気発見の契機
2、病院での検査内容、及び結果
3、手術前検査
4、手術及び入院
5、退院後の経過

1、今回の病気発見の契機と自分なりの原因推測。

先ず、先月の10日頃、下腹の右側が膨らんでいるのを発見。
触っても違和感がなく、痛みも無いが、下腹に力を入れると、
硬いしこりが感じられた。

ネットで調べると、どうも、「鼠径ヘルニア(脱腸)」のようでした。

要因として考えられるのは、年齢と共に弱った腹筋への過度の負担。
(1)3年程前から、時々酷い便秘になる事があり、これが下腹に力を入れる要因になる。
(2)腰痛対策などの目的で、毎日「スクワット」15回を日に2〜3回。腹筋への負担。
(3)庭での野菜作り、木の剪定、日曜大工などの作業による腹筋への負担。
こんなところです。真因は不明です。

2、病院での検査及び結果。
今まで経験が無かったので、早速、病院で検査をしました。
総合受付で指示されて、健診部門に行きました。
(1)健診部門の医師の問診と指触チェックで、予想通り、「鼠径ヘルニア」の推測。
(2)健診部門の医師の紹介で、「urine 」部門の医師の所へ行き、医師から、「超音波検査」の
指示で、検査。しかし、異常が見つからず。
(3)再度医師の所へ、再度の指示で、今度は「CT検査」、この結果、画像で、「鼠径ヘルニア」
を確認。実は、右下腹に加えて、左下腹にも腹筋に穴が空いている「鼠径ヘルニア」が見つかった。
(4)医師から、腹筋の破れた部分を樹脂皮膜で覆う手術の説明を受けた。最近は、腹腔鏡での手術で、
入院2日程度と聞いて安心し、早速お願いをして帰宅した。

3-1手術前検査(手術2日前)
(1)PCR検査  コロナに感染していないことを確認するための検査をした。陰性。良かった。

3-2手術前検査(手術当日)11:00〜
(2)血液検査  特に、糖尿などの病気、白血球などの異常確認の為の検査。異常なし。
(3)心臓、肺、循環系の検査。「超音波診断」の検査。異常なし。

4、手術及び入院 18:00〜(20:00)
(1)全身麻酔の上、手術の為、この間は全くわからない。
麻酔の効きを確認する為、医師と看護婦が、私に話しかけた。日本が好き。一度行った。東京周辺。
今度は、他に行きたい。何処がお勧めかなどと質問された。京都、北海道、九州も良いと答えた。この辺りまでは覚えているがその後は全く覚えていない。
(2)夜部屋で目を覚ましたのが、22:30頃。
ベッドに寝かされて、左手からインシュリンを補給されていた。看護婦から、痛みの有無を聞かれましたが、
まだ、薬が効いているのかそれ程痛みを感じない。お腹をみると、3箇所に絆創膏が貼られていた。
そのまま就寝。夜中にトイレ小水3回、ベッドから半身を起こして、両側から看護婦2人に支えてもらって実行。
少し、恥ずかしいがやむを得ない。

(部屋の様子はこんな具合)


(3)翌日 痛みが少々あり。咳やくしゃみをすると痛むが、それ以外はそれ程でも無かった。
3食が美味しかった。お粥に、フルーツ、白身魚。日本風の御浸しもあり、美味しかった。
希望すれば、全て日本食も可能だそうです。以下。

5、退院
一昨日(3月14日)退院。
退院当日、医師から問診。帰宅OKの判断を頂いた。

次回検診は、1週間後と1ヶ月後。

退院後の自宅療養1週間以後の状況については、また報告させて頂きます。

実は、私が入院した前日から、昨日までの5日間、
ジュデイは動物病院に預けました。
母の介護が第一優先で、ジュデイの世話ができない為です。

ケージの中での5日間、
ジュデイは、家に戻って、本当に楽しそうです。
いつものように、ボール遊びに夢中です。

ムチュー

24,825 views

日本で定年退職後、タイにロングステイ、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!