• HOME
  • ブログ
  • 全体
  • タイの雨季、今年はどうだったか?タイの雨季の最終、タイの不安と混沌を示すかのような雨が降り続いた。

タイの雨季、今年はどうだったか?タイの雨季の最終、タイの不安と混沌を示すかのような雨が降り続いた。

全体

タイの雨季は6月から9月と言われているが、
以前紹介したように、10月は確実に雨が降る。
雨季の最終は10月。

今年と昨年の雨季の状況を見てみよう。

今年も雨季の開始は、矢張り6月。
昨年も6月で、開始時期は矢張り6月が正解ですね。

それでは、終了は、
昨年、10月25日、28日に雨が降った。
今年、数日間(10月13日から18日まで連続降雨)激しい雨としとしと雨の繰り返しでした。

昨年のこの記事も参考にして下さい。

今年の数日間の雨は、かなり激しく、
我が家の前の道路が、2回冠水した。

雨季の最後なのだが、いつもの年より、長く、
かつ、日本の梅雨の最後のように、強い雨としとしと雨が続いている。

これが最後の雨であったかは、もう少し様子をみましょう。

今年は、この雨の如く、憂鬱な日々が続く、
コロナパンデミックですね。

戒厳令と国閉鎖で、上手にコロナウイルスの拡大を抑えているタイ。

これが長く続き、
弊害も出てきているタイ。
 
納得しての対策であったが、
長く続くと、閉塞感で、不満も出てくる。

コロナパンデミックの影響で、
世界的に経済が停滞する中、タイもGDPの約18%を占める
観光ビジネスがストップしているため、

しとしと雨のような停滞が続いているようだ。
これ伴い、社会的不安、不満も増大しているようです。

私の周辺を見ても、
今は、コロナパンデミック前と現在を比べてみても、
それ程、困窮した(?)状況は感じられませんが、

恐らく、世界的に、来年以降に、
経済的な停滞、もしくは、方向転換が起こり、
価値観の変化を伴った、必然的なもがきが起こるのではないかと思います。

私は、既に、航空機の予約キャンセルを2回受け、
かつ、次回の予約にトライする中で、
LCCの不確定な要素と値上がり。

そして、LCCが苦しむの中で、
コロナパンデミックの中の、
各国政府に支援された大手航空会社の運賃低下が見られます。

限られた飛行なので、平常運賃と異なり、
決めつける事はできませんが、

コロナパンデミックが更に継続すれば、
バックヤードの支援の無いLCCは一挙に破綻の道を歩むでしょう。

その結果、航空便の減少とともに、
何年か前の(LCCのない時代)の様に、運賃が高くなると思います。

観光の回復も、かなり難しいでしょうね。

こんな事を考える毎日ですが、
それよりも、コロナパンデミック後の社会の変化を想像して、
自分なりの対応、対策をした方がいいですね。

今日のジュディは、
家の外で、いつものように、ノック(鳥)と戯れています。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ムチュー

20,246 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!