タイには美しい黄色い花が多いように感じる。

タイの見どころ

(1)黄色とは
(2)何故多いか?
(3)事例

(1)タイ語でシールアン、以前お話しした様に、タイでは、誕生曜日を大切にします。
 自分が何曜日に生まれたか知っています。
では、黄色は何曜日の色か?そう、月曜日の色です。
従って、月曜日の行事には、黄色が使われます。黄色の服を着ている人も沢山見かけます。

(2)実は、前国王も現国王も月曜日が誕生日、従って、長い期間、国王を尊敬して、黄色が多く
見られるようになったのではないかと思います。
前国王は、、ゴールデンシャワーをタイの国は花にしました。黄色の花ですね。

ここで、金色(シートーン)と黄色は厳密にいえば異なりますが、ゴールデンシャワーの花を見れば
わかるように、普通は黄色に見えますね。
そうです。黄色は、ある意味で金色に通ずるのですね。

この意味でも、尊重されるのでしょうか?

(3)タイでは、本当に黄色(金色)の花が多い。
事例を写真で眺めて見ましょうね。
名前がわからないものも写真でみていただけると、よくわかりますね。

まず、お馴染みのゴールデンシャワー

次の花、匂いの良い、ワイシャンパーク

次は、年中花が継続して咲いている、名前を知らない花、
こんな感じです。

次に、運河辺りで見つけた美しい花、

こんな感じですね。

最後に、タイの国は、黄色(金色)で満ちています。
国王の載冠式の時の写真です。

今日のジュディは、
何故か、この頃、ベッドの下に隠れて寝ている事が多い。

ムチュー

18,705 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!