タイで育てた金柑の木、連続して実る果実。活用法3選+1。

野菜果物栽培に挑戦

サンデーマーケットで2種類の金柑の苗木を購入、少し大きめの鉢で育ててみた。
2種類共に、原産は中国。

実が大きい物と小さいものの2種類。
形状も丸いものとイチジク状のものの2種類。

味は、大きめのものが少し甘く、小さめのものは酸っぱい。

この8月で、植えてから、2年になります。
1年目には、6個ほどの実がつき、2年目からは、沢山の実をつけています。
3か月に一回くらいのペースで花が咲き、実をつけます。
(2019年10月1日時点の花と実)

温度の低い、冬場(昼30℃前後、夜20℃前後)でも、実をつけます。
従って、2本の木があるため、継続的に収穫できます。

我が家は、この金柑をマナーオ(タイレモン)代わりに使っています。
(1)トムヤムスープには、マナーオが必須。
でも、時々買い置きしてあるものがない場合があります。
こんな時に、この金柑、特に、酸っぱい小さい実のものが重宝します。

(2)あんちゃんティーに使います。
青色から紫色へ変化させるためと、味をよくするために使います。
必須です。この時は、大きい金柑の実でも、小さい実でもOKです。
一つで色は変わりますが、私は、酸っぱさを増すために2個使います。
これは好みですね。
(以下は私のブログ記事を参照方)

(3)ココナッツベースのカレーに入れます。
この場合は、果汁のみではなく、実も入れて食べます。

(4)それから、私の場合は、日本式に、風邪をひいた時に、お湯に金柑を入れて
飲みます。

こんな具合に、金柑が結構重宝しています。

私は、日本でも金柑が大好きでした。
特に、実が大きく、あまり酸っぱくないものをそのまま、皮ごと食べるのが
好きでした。

でも、タイで育てている種類は、酸っぱ過ぎて、そのまま実を食することは
できません。

次回、チャトチャック(サンデーマーケット)で甘めの種類を探そうと思います。

植木市は実は、土日ではなく、水曜日と木曜日のみです。
従って、構内を車で移動できます。
植木や花、肥料、土は買って、即、車に積んで帰宅できます。
便利です。

チャトチャック(サンデーマーケット)本当に楽しめる。

最近は、雨の日でも楽しめるように、従来のマーケットのすぐ横に、マーケットビルディングが完成しました。
実は、バーツ危機の前に途中まで建築、オーナーが倒産したようで、長い間放置されていました。
当然、冷房も効いているので、屋外のショッピングを楽しんで、暑くなったら、このビルに入る。

そして、又、涼しくなったら、屋外のショッピングに戻る。こんな感じですね。
一日中、楽しめます。
私は、友人がタイに来られた時には、必ず、チャトチャックを案内することにしています。

今日のチウの思い出は、
私の好きだったチウの顔




ムチュー

18,998 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!