タイでブルーベリーの木を育ててみる(第2報:失敗談)

野菜果物栽培に挑戦

今日は悲しい失敗談です。
555(タイでの笑いの表現)

前回の地植えの結果、
見事に、4本の内3本が枯れて、残った木も成長は無く、
生きている状況です。

表紙の写真は、残った1本の木(?)です。
近く鉢植えに戻す予定です。


今回のチャレンジは失敗でした。
矢張り、タイの暑い日差しは、半端でない。
それ以上に、地植えの土作りが難しい。
これからですが、

ネバーギブアップ、私の性格ですが、諦めが悪い。
少し時間を置いて、じっくり、今回の失敗の要因を分析して、
再度挑戦するつもりです。

もう既に、構想はあります。

それは、
実は、「北部チェンマイ産のミカンの木」を植えて見ました。
バンコク周辺には、ミカンの木は見あたりません。

勿論、ブルーベリーの木もありません。

このミカンの木も、
最初は、芽を出すのですが、日差しが強く、
焼かれて、黒く枯れてしまいました。

しかし、ミカンの木の横に、日陰になる草木を添えて植えたところ、
芽が出て、何本かの枝が育っています。

しかし、草木は短期間で枯れてしまいます。
タイの夏の暑さは半端でないので、今は日除けを覆っています。
こんな具合ですね。

日除けを取ると、こんな具合です。
新芽が出ています。

その横の植物が、日除け用の草木です。又、成長してきました、いいですね。

みかんは、適度に乾燥したところが好きですね。
この、対策で、地植えはやめて、大きめの鉢で育てています。
「金柑」の木も、鉢で育ち、年数回実をつけています。
(手作りあんちゃんティーと手作り金柑はグッドコンビネーションです)

この辺りにヒントがありそうです。
更に、ブルーベリーが難しいのは、酸性の土壌が必要な事、
地植えだと、最初は根の周辺を酸性の土壌、肥料で植えますが、

庭の土壌はアルカリ性ですから、順次影響されてしまいます。
矢張り、大きめの鉢、もしくは、
旧タイヤを活用した、区画などが良さそうです。

もう、早速、トライしたいところですが、
コロナ封鎖とコロナクワバラで、外出自粛。
我慢、我慢。

今日のジュディは、左の耳がカンカン(痒い)、
自分で爪で掻くため、血も出て、瘡蓋もある。
医者から頂いた「塗り薬」と「アルコール消毒」で治療中です。
ナーソンサーン(かわいそう)

ムチュー

18,376 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!