ここ1年、「目の異常」で悩まされる。異国タイでのターボー(失明)の不安?

体のケアー

ここ1年、目の異常が顕在化しました。
過去の検診の結果との照合が本当に正しく行われているのか。
今後の経過を十分に把握するためにも、自分の目の現状を整理しておくことにしました。

これは、あくまでも、自分の問題で、
タイの気候などの影響ではないですね。

それから、ターボー(失明)は大袈裟ですね。
すいません。

コンタクトレンズを20歳代から、昨年3月まで常用していました。
昨年3月の脂肪腫顕在化から、6月までは眼鏡のみ、
6月以降、この12月までは車の運転時のみコンタクトレンズを着用しました。

そして、現在はまた、眼鏡のみの生活にしております。
コンタクトレンズに慣れた私としては、結構苦痛ですが、
やむを得ないですね。

経緯を以下、整理して報告させて頂きます。

1、10年以上前から指摘されていた検診結果
2、タイでの検診結果(数年前から約2年毎)
3、タイでの症状
(1)アレルギー性の充血(4年前)左目
(2)脂肪腫(昨年3月)左目
(3)充血(昨年6月)左目
(4)出血(昨年12月より1月20まで3回)右目

1、10年以上前から指摘されていた検診結果
日本で働いていた時、50代の中間の頃から、毎年検診で指摘されていました。
それは、左目の眼底に「黄斑部ドルーゼン」が発生している。
今後、加齢黄斑症になり、失明の可能性もある。
要経過ウオッチ。

2、1、の結果の要観察の為、2年に1回くらいの割合で、タイで検査を受けました。
この結果は、進展が無く、問題なし。今後も検診を継続です。

3、(1)アレルギー性の充血(左目)
2016の2月に、左目全体が真っ赤に充血して、タイの病院に行きました。
眼底出血を心配しましたが、検査結果で、問題なし。

どうも、何かのアレルギーで充血したようで、家の埃や虫の影響がないか調べました。
それほど明確な原因はわかりませんでしたが、風呂場などのカビなどに少し反応する
事が分かり、その後は、シャワールームの頻繁な清掃と、乾燥に努めています。

その後、この症状は出ていません。

3、(2)昨年3月に左目白目が破けて、脂肪が出て膨らんできたので、タイで手術、
病名「limpo」、眼球をカバー保護している脂肪が、老齢で弱ったカバー部分を破って、外に出てきたとのこと。
 5月の最終検診で完治確認済み。

この時、医者から、眼圧が両眼共に高い。20〜21という事で、緑内障の検査の必要な事を指摘された。
日本へ帰国日の直前であったため、日本で検査する事にした。

日本での検査結果、眼圧はやや高いが、緑内障の症状は無い。今後、3〜6ヶ月に1回、眼圧検査を継続することを、
サジェスションされた。
ホットしました。

しかし、
3、(3)日本からタイへ帰国当日、手術後完治したはずなのに、左目が充血した。取り敢えず、タイに帰り、
手術後、タイの病院からの治療薬(目薬)の残りが冷蔵庫に保管してあったので、これを数日使い様子を見たところ、
4日程度で治った。その後は、再発なし。

3、(4)昨年12月のクリスマスの日に、今度は右目の白目部分から出血、この時は、取り敢えず、
5月の時に処方された治療薬と同じものを、薬局で買い、治療した。
一旦回復したが、今年になり、1月14日に再度出血、医者に行き、治療を開始したが、20日に3度目の出血。

医者は、原因の候補は沢山あるが、液晶画面の見過ぎの可能性が高いと言われた。
外出時は特に使う、スマホは画面が小さく、見ないように指示された。

また、画面を10分見た後は、5分目を閉じて休憩する様に指導されたが、
これは難しい。
兎に角、30分程度見た後、目の休憩をする様に心がけている。

その後、外出時は、iPadを持ち歩くようにして、様子を見ている。

1月29日から、新たに医者から処方された目薬を使い始めて2日目、
今度は、右目全体の白目部分の血管が充血したため、目薬中断、
自身の免疫力のみで回復を待つ事にした。

時間がかかりましたが、
一昨日(2月10日)頃から、充血が減りつつあり、
ひと安心です。

1ヶ月後、眼底、血液検査などを含む精密検査の予定です。
結果はまた、このブログに追加して、報告する予定です。
今日のジュディは、私の顔を見ながら、慰めてくれているようです。

ムチュー

18,998 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!