• HOME
  • ブログ
  • 全体
  • 王女のコーヒーショップ。少数民族救済の皇室ビジネス盛ん。良いですね。

王女のコーヒーショップ。少数民族救済の皇室ビジネス盛ん。良いですね。

全体

今日は、以前から何度も出てくる、王室の慈善事業の一つについて、紹介します。
まず、「タイのモーターサイクルタクシー」の中でも紹介した、王女のコーヒーショップ。私の家の近くに、昨年開店しました。

この店は、
誰がどのように運営しているかは解りませんが、お店の中にあるディスプレーのように、王女が、少数民族の農業運営を助けていると聞いております。

このような店、例えば、高地民族の民芸品、衣類を売る店、野菜を売る店など、
私の家の近くだけでも、モール、スーパー内などに約3軒あります。

私も、日本に帰国する時、友人が来タイされた時のお土産などをよく買います。
素朴な作りでお土産には最適です。

又、我が家の野菜は、品質の良い、王室運営の店(Royal project shop)で頻繁に買います。
野菜売り場はいつも賑わっています。
確かに、品質は良い。

この王室運営の店(Royal project shop)の野菜は、殆どのスーパーマーケット内の棚でも売られています。
意欲的ですね。
このボリュームから推察すると、これらは、少数民族のみではなく、他の支援農家から
も買われているのでしょうね?。

さて、コーヒーショップの紹介に戻りますが、
1日の販売カップ数が決まっているようですね。
午前中250ケーオ(カップ)、午後250ケーオ(カップ)程度のようです。

開店からもう1年以上経過したにもかかわらず、毎日、予約券を求める人で、
朝と、昼1番は行列ができます。
大体、コーヒーを手に入れるまでに1時間待ちます。

私は、予約券を入手後、近くの屋外の食事処で食事をして時間を潰すことが多い。
もしくは、前述の「モーターサイクルタクシー」に依頼して、予約券を
手に入れて、1時間後に、コーヒーショップに向かう。

コーヒーショップ内で待っている人も多くいます。

又、外の庭を鑑賞して時間を潰すことも可能です。

さあ、予約券を持って、中に入り、ここで、コーヒーを注文します。
喫茶店ですから、抹茶ラテ、コーヒーラテ、ジュース、ココアなども
もちろんあります。

それから、ケーキ、クッキーなどもあります。
私は、ブルーベリーチーズケーキをよく注文します。

こんなぬいぐるみも置いてあります。

余談ですが、タイの人達は、大人でも、ぬいぐるみが大好きです。
誕生日、記念日、バレンタインデーなどには、贈り物として送られる
事が多いです。

さあ、コーヒーを手に入れて、庭の見える窓際の席に座り、
庭を眺めながら、コーヒーを頂きます。
こちらのコーヒーはアラビカ種という事で、苦味が強い。
コーヒー好きな私でも、苦味はきつく感じますが、マイペンライ。

王室ビジネス。良いですね。
ここでも、ブッダの思想。利他を積み上げる事の大切さが
生きているように感じます。

毎日のように、各地を飛び回る、王室の人々の姿が、TVで放送されます。
本当に忙しそうです。
勿論、世界各地を訪問する姿も約40分程度放映されます。

この辺りが、
国民から尊敬を受ける王室を反映しているような気がします。

さて、今日のチウの一言
「王女、本当に忙しそうです。お体に気をつけて下さいね」
私は、寝る事で、悟りを開きます。「ノーン(寝る)、ノーン」

ムチュー

18,998 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!