• HOME
  • ブログ
  • 動物
  • タイ人のペット鳥、飼うも食べるも闘うも好き。ファイティング&鳴き声コンテストでゴー。

タイ人のペット鳥、飼うも食べるも闘うも好き。ファイティング&鳴き声コンテストでゴー。

動物

タイの人の鳥(鶏含む)好きには本当に驚いています。

然も、鶏が一番。

先ず、最初の話です。これは、鶏ではありません。頭の先がトンガッタ黒い小鳥です。
こんな感じですね。

鳴き声と姿を鑑賞するようです。
コンテストが沢山開かれているようです。

私がタイに来て住み始めた頃でした。

私の家のお向かい左隣りにの方、ビレッジの保安・ガードマンの家でした。
ケージを家の前に掛けて、良く、世話をしていました。

時々、私の家の庭木の近くの塀の上にも置いていました。何をしているのかと思うと、
実は、野生の同種の鳥を、寄せて捕まえる為でした。
日本でも、ウグイスなどを捕らえる時の方法とほぼ同じですね。取りもちを使うんですね。

このビレッジの中で、少なくとも6軒はこの鳥を飼っている家があります。
多いですね。

次に、鶏の話。
お隣の家では(今は住人が代わりました)、数年前に、闘う鶏を飼っていました。、闘鶏(ファイティングチキン)、タイ語ではガイですね。
強くなると、100万円以上で売れるそうです。

時々、TVで闘う鶏の放映があります。
各地で、競技会が開かれているようです。
日本でも、高知辺りの話題が時々ありますが、タイでは日常的に、かつ、各地で開かれていると
聞いています。

お隣の次は、また、左隣のお向かいさん(いつの間にか、住人がガードマン一家から、マーケット
住人に代わりました)が、この闘鶏(ファイティングチキン=ガイ)を飼い始めました。
時々、お隣とお向かいさんで、闘鶏を持ち寄って、闘う練習をしたり、鳥の話題の会話が弾んだり
していましたね。

更に驚きは、左隣の住人が転居して(新しい住人は鳥を飼ってはいない)、闘鶏が減ったと思ったら、
それまで留守宅であったお向かいさんが(定年退職されて、住むようになった)なんと、今年から、
頭のトンガッタ小鳥と闘鶏2羽を飼うようになった。

驚きました。
タイの人は鳥好きの人が多いんですね。
実は、競技会、コンテストが好きなんですね。
これは、あるタイの人が教えてくれました。

タイは仏教国、戦いを避けて、お互いに仲良くするのがタイの人達の得意技、
これを守った結果、東南アジアで唯一、ヨーロッパの国々の領土にならずに、
独立を守った王国ですね。

でも、実は、戦いが好きなんですね。
そうです。ムエタイ、タイボクシングはまさに、戦いのスポーツですね。

ブッダは、「怒り」とか、「怨み」とか、「欲張り」を目的、根源とした争いは否定しているが、
正義の戦いは否定していない?
つまり、社会の「無明」が原因の争いが多いんですね。ある意味で、これから身を守る為の戦いは
ある意味で正当化される?

問題は、争いの後の、「潔さ」と「情け」が大切なんですね。
日本の武士道に通じるものがありますね。
これは、仏教の教えの影響かな?

「武士話食わねど高楊枝」など、正しくブッダの教えの「清貧」そのものですね。
死を恐れず、高貴な品位を大切にする。正しく、ブッダの思想そのもののように感じますね。

今日の最後は、又、愛犬老犬チウです。顔を隠している姿と、
声を出して、食事を要求する愛犬チウです。ナーラックルーイ(本当に可愛い)

ムチュー

18,997 views

日本で定年退職後、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし、タイ人の居住区に住...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!