タイでプリンター購入。WiFi経由アプリ利用印刷が本当に便利。

ショッピング

昨日、新しいプリンターを買って来ました。

今までは、日本で買って来たものを使っていましたが、
インクは、タイでは売ってないので、いつもは、日本帰国の度に買って持って来ていました。

でも、今は、コロナウイルスで帰国ができないため、
日本から、EMSで送って貰うことにしましたが、インクは「危険物扱い」で送れませんでした。
これです。

このため、この半年は、外部の印刷屋さんで印刷をしていましたが、
不便(日本の用に近くのコンビニにはプリンターがない)なので、
買うことにしました。

早速、昨年近所にできたに日曜大工店(一階が商店街)にあるパソコンショップの「BaNANA(バナナ)」に行き、探しました。
HP、エプソン、キャノンなどもありましたが、今まで使っていたと同じブラザーのプリンターを買いました。

型名は、「DCP-T520W」です。値段は5019バーツ、約¥18000くらいですね。

インクは、日本と違って、ボトルから「注ぎ込み注入方式」です。

説明書は、英語とタイ語のみでしたが、
なんとか使えるようになりました。

それは、日本製と同じく、WiFi経由での無線印刷ができたからです。
しかも、アプリが同じなので、最初に、アプリの中に、新しいプリンターを認識させれば、iPadからも、パソコンからも、iPhoneからも簡単に印刷できる。
写真、PDF、WORDなど何でも同じです。

私は、iPadの常用者ですが、「メモ」からも、「BOOK」からも、「ファイル」からも簡単にWiFi経由で簡単に印刷できます。

勿論、プリンターでスキャンして、iPadへの取り込みも同じです。
勿論、紙から紙の印刷はプリンターのみですね。

以前の機種でも感じていましたが、
今回、改めて、このアプリ「iPrint & Scan」の便利さを痛感しています。

ちなみに、写真の印刷はほとんどしないので、カラープリントの出来具合などあまり気にしていません。従って、その品質レベルの評価はできませんね。
調整機能が付いていますが、操作せずに、最初の設定で使っています。

今日のジュデイはまた、窓際で窓の方を向いて寝ています。

ムチュー

28,017 views

日本で定年退職後、タイにロングステイ、タイと日本の往復、8年目になる男性です。 また、タイへは、過去に仕事とプライベートで何回も来た経験があります。 しかし...

プロフィール
いぬのきもち・ねこのきもち

関連記事一覧

error: Content is protected !!